ホームエネルギー事業

災害時対策

災害時に備えて、日頃からしっかりと準備をしておきましょう。
また、災害の後は必ずLPガス販売店又は保安機関の点検を受けてからLPガスをご使用下さい。

日頃の準備

地震

  1. 地震を感じたらまずは、身を守りましょう
    身体の安全を確保しましょう。できれば、火の始末をしましょう。そして出口を確保しましょう。
  2. 火の始末をしましょう
    揺れがおさまったらコンロやストーブなど室内の火を消しましょう。二次災害を防止するために器具栓・ガス栓を全て閉めましょう。

<大規模地震後の措置及び注意事項>

  1. 容器(ボンベ)のバルブを閉めましょう
    揺れの大きい時、自宅から避難する時、ガスの臭いがした時は外へ出てLPガス容器のバルブを閉めましょう。
  2. 情報を入手しましょう
    地震・津波情報等はラジオで入手して下さい。
  3. みんなで助けあいましょう
    バルブを閉めることが困難なお年寄りの方などはみんなで助けあいましょう。
大規模な地震の場合

<警戒宣言が発令されたら>

  1. 火気の使用はなるべく控えましょう
    やむをえず使用する場合には、その場所を離れないで下さい。
  2. メーターガス栓、容器(ボンベ)バルブを閉めましょう
  3. 容器の固定を確認しましょう
    容器の鎖、鎖止め金具等がきちんと掛かっているか確認しましょう。

火災

  1. 消防署に連絡しましょう
    消防署員に容器の位置を知らせ、後の処理を頼んで下さい。
  2. 容器バルブを閉めましょう
    無理をしないで下さい。
  3. その他の連絡
    弊社に連絡して下さい。

台風・洪水

  1. 容器バルブを閉めましょう
    無理をしないで下さい。
  2. 容器の固定を確認
    容器が倒れたり、流されたりしないよう鎖で固定しているか確認して下さい。
  3. 設備に水がかぶったら
    LPガス設備に水がかぶったときは、弊社又は保安機関の点検を受けてから使用して下さい。
(c) TOYOTSU ENERGY CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.