ホームエネルギー事業

ガス豆知識

容器の中に入っているLPガスが液体だということをみなさんは知っていましたか?

LPガスは石油ガスを液化したもので、正確には液化石油ガス(Liquefied Petroleum Gas)といいます。
そしてこの頭文字を取ってLPG=LPガスというのです。

ここでは、LPガスの成分や性質について、都市ガスとの違いについてご紹介します。

LPガスの種類

家庭で使われているLPガスの主成分はプロパン(C3H8)のため、プロパンガスとも呼ばれています。また、ガスライターの中に入っている液体はブタン (C4H10)と呼ばれる成分で、LPガスの一種です。都市ガス(A13=通称「天然ガス」)はメタン(CH4)が主成分で、熱量調整の為にLPガスを混合させています。

LPガスの重量

気体のLPガスは空気より重く、空気の1.5~2倍の重さになっています(100%プロパンの場合、15℃・1気圧で1,865kg/m³)。そのため、家庭などでLPガスが漏れた時は、床面をはうように広がり、低い場所にたまる性質があります。

いっぽう、都市ガスは空気より軽く、漏れた場合は天井の方へたまっていく性質があります。

プロパンの沸点は?

液化プロパンの沸点は-42℃です。室温の状態ではあっという間に気化してしまうのです。

LPガスの性質

LPガスは簡単に液体になる性質があります。液体になると、体積は気体の時の250分の1になります。輸入したり、ご家庭にお届けしたりする時には、液体にして効率よく運んでいる、というわけです。

プロパンの発熱量は?

気体のプロパン1m³を燃やすと99MJ(24,000kcal)、ブタン1m³(31,000kcal)の熱量を発生します。また、重量1kg当たりではプロパン、ブタンともに50MJ(12,000kcal)の発熱量があります。

これに対して都市ガス(13A)は46MJ(11,000kcal)/m³です。気体のプロパンは都市ガスより約2.2倍の熱量があり、従ってLPガスの方が都市ガスより火力が強い、ということになります。

LPガスの臭い

LPガスは本来においがありません。しかし、ガスが漏れた時にすぐに気づくように、タマネギの腐ったようなにおいをつけています。このにおいの成分は、ガスが燃焼すると無臭になるので、LPガスが正しく使われている限りはにおうことはありません。

都市ガスは地域によって種類が違い、同じ種類のガス器具が使えない場合もあると聞きますが、LPガスもそうなのでしょうか?

LPガスは、LPガス用の設備・機器等であれば、全国共通で安心してご利用いただけます。

LPガスは、危険物に含まれるのですか?

LPガスは可燃性の高圧ガスで、消防法の危険物ではなく、家庭での使用は「液化石油ガス保安の確保及び取引の適正化に関する法律」=「液化石油ガス法」で規制されています。

天然ガス(メタン)は本当に地球にやさしいの?

燃焼時でのCO2排出は少ないものの、ガス田開発やパイプライン敷設では熱帯雨林やツンドラ地帯の自然破壊により、地中のメタンガス放出を招いたりしている。

運搬の為にマイナス160℃に液化するので大きなエネルギーを消費している。 このため、採掘から運搬、消費までなCO2排出はLPガスとほぼ同等と言われている。

イラスト

電気はロスの多いエネルギー

電気は二次エネルギーであり、一次エネルギーの段階で見ると燃料は、原子力、化石エネルギー、水力、地熱などがあげられます。環境問題で考えると、電気は、消費するところではまったくクリーンですが、電力製造段階での環境問題と発電~送電等のロスが約62%もあることを認識しておく必要があります。

LPガスの歴史(日本デビューは昭和4年の飛行船「ツェッペリン伯号」

わが国で、燃料としてLPガスが最初に取り扱われたのは、1929年(昭和4年)に有名なドイツの飛行船ツェッペリン伯号が飛来した時だと言われています。

この飛行船は、プロペラ推進用にガスエンジンを使用していました。この飛行船のために米国から現ユニオン・カーバイド社のパイロファックスを取り寄せて補給しましたが、これがプロパンガスを主成分とするLPガスでした。ツェッペリン伯号は、世界一周のほとんどをLPガスと水素の混合ガスで飛行し、実飛行時間320時間20分の世界記録を樹立しましたが、これに大いに貢献したのがLPガスです。

LPガスは日本に早く登場したにもかかわらず、家庭燃料として日常生活に本格的に入ってきたのは昭和30年代になってからです。

ところで、世界の歴史の中ではというと、LPガスは石油の利用が始まった直後から登場していました。アメリカなど石油精製が活発に行われた国では、油田や石油精製時に採ったLPガスを高圧の容器(ボンベ)に充てんし、地域の家庭で燃料として使っていました。

英国王室御用達(女王陛下も環境に配慮してLPガス自動車を御愛用)

英国王室がご使用になる公用車は、バッキンガム宮殿にLPガススタンドが設けられたこともあって、すべてLPガス自動車です。

現在、エリザベス女王は、在位50周年を記念して献上された「ベントレー・ロイヤルリムジン」を使用されています。V12気筒の専用LPガスエンジンを搭載し、後部がすべて防弾ガラス張りになった特別仕様のものです。

環境問題に関心の強いヨーロッパにおいては、LPガスのクリーン性や実用性に高い評価を与えていますが、英国王室も例外ではないということでしょう。

(c) TOYOTSU ENERGY CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.